2008年04月02日

プロジェクトその1、間もなく完了

一昨日、ようやく1時間ほど全身、海に浸る事が出来て、大満足。いやぁ〜、海はいいですね。

と、ホンワカしていたら昨日は丸1日ハードなPVの撮影でした。
朝4時半起き、6時ホテル出発で、サンディー・ビーチ集合。日の出とともに何カットか撮影した後、ワイマナロに移動。無人のビーチで撮影も快調!
Sandy.jpg
日の出、間もない風景です。

なはずが、ここでリップシンクに必要なラジカセが絶不調。CDを読み込んでくれなくなってしまいました。一昨日はちゃんと動いていたのに・・・
いくつか無難なカットを収録した後に、カイルアに移動して、開店したばかりのドン・キホーテで新たにラジカセ購入。ここで、時既に10時半。

今回の撮影で、最も期待と不安の高まるコオラウ山脈の中にある、隠れた滝へと向かいます。現時点ではどんな場所なのかが、口頭でしか説明されておらず、とてもきれいな場所らしいのですが、こればっかりは実際に見てみるまでは何とも言えません。

カネオへ方面に向かい、某ゴルフコースの駐車場の端に駐車します。何台か既にエコツアーのバンも停まっていて、それなりのトレイルの様です。

みんなで手分けして撮影機材やら、クーラーバッグやらを手にしてトレイルを上ります。道はそれほど険しくなく、ビーサンで来た僕も問題なく登れてしまいました。ていうか、結局ビーサンを履いていたのは僕だけだったのですが、結果的に滝壺の心地よい水に足を浸す事が出来たスタッフは僕だけで、大満足でした。

途中、ククイの古木や、巨大な自生のタロ、名前は分からないけど不思議な形状をした蔓科の木等、普段は海派の僕ですが、ちょっと山歩きの楽しみも今後トライしてみようかな?と言う気にさせられました。実際、途中で休憩した時に、何だか分からないけど神秘的な雰囲気と言うか、何か別の存在がそばにいるような不思議な感覚を持つ事も出来ました。

トレイルがちょっとぬれて来たなと思いつつ、次の茂みを抜けるとそこには、8メーターほどの一筋の滝が!いやぁ〜、絶景でした。
Fall.jpgどうやらここは、ハワイ経験者が一度は連れて行かれたであろう、ヌウアヌ・パリのルック・アウトの真下にある事が判明。滝の脇にある岩場を登ってみたら、カネオへ湾がきれいに見えました。

順調に美しいカットを何パターンか収録した後に、再びカイルアに戻り、Teddy'sで昼食。再度、ワイマナロ周辺に戻って、夕方には無事撮影終了と相成りました。

今回の仕事の作品は、ハワイでリリース+ハワイでのプロモーションを視野に入れているので、敢えてローカルのカメラマンに発注し、どんなチープな作品が出来るのだろうと期待(?)していたのですが、思いのほか各ショットが美しく撮れていて(何故、そんな事が分かるかと言うと、昨日の撮影では、ずっとモニターとケーブルを持ってカメアシ君をやっていたからでした。)早くも編集後が楽しみです。

今日は、このプロジェクトの最終日。
夕方から打ち合わせがあるだけなので、みんなはお土産の買い出し等に出かけていますが、僕は部屋でまったりとコナ・コーヒーなんぞをたしなみながら、別件のお仕事を片付けて見たり、、

もう少ししたら、昼飯食いがてら外出してみます。BOB'S辺りでプレートでも食べようかな?

posted by ma2ra3 at 06:44| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | お仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。