2008年05月29日

人体実験始まる

前回のブログで公言した通り、減煙が次のフェーズに入りました。

と言うか、禁煙へのステップ開始です。
今日、昼飯喰いがてら、近所の禁煙外来をやってる病院へ行ってきました。

同い年くらいの、割と軽い感じの先生で、色々と話しながら呼気の中の一酸化炭素濃度なんかを測ったりして、きっちりヘビースモーカーな数値を確認させられたりした後に、思い立ったが吉日ですのでと新薬を処方してもらいました。

その名も、チャンピックス。今月から日本ででも処方されるようになった薬です。
この↑リンク先のプレスリリースによると、71%の成功率だとかで、ちょっとプレッシャーがかかります。
chanpix1.jpg
この薬の面白いのは、脳の中に出来ているニコチン受容体の様なものを働かせなくする効果があるらしく、依存度がさがると言う事です。で、先生曰く「今日から一週間は普通にタバコ吸っててください。」と。薬服用=即禁煙かと思っていた僕は、「は?」と聞き返すと、「この薬を飲むと、たばこを吸っても、吸ってる感じがしないというか、おいしくも何ともなくなるので、その内に吸わなくてもいいかって感じになるんですよ。」という、、、ふぅ〜ん、そういうものか???おもろいやないかい!

今のところ、喫煙が許されるのは6月4日まで。でも、目標は来週頭ぐらいには実質的に禁煙体制に入っている事。

今、薬を飲んで1時間半ぐらいですが、なんとなくふわっとした感じがしています。引き続きタバコを吸っていますが、気のせいかあんまり美味しくなくなったような、、、、どうなりますよら???

今のところ気になるのは、副作用です。
腹痛、便秘、頭痛、吐き気、下痢が上げられていますが、今のところ大丈夫。
そして、もう一つ言われているのが、「米食品医薬品局(FDA)が注意を促した内容で自殺願望の副作用」というのが、最近取りざたされています。

これで死んだらどうしよう???


posted by ma2ra3 at 15:41| 東京 ☔| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。