2007年06月28日

むしあぢぃ〜!

ここ数日、ホントに蒸し暑いですね。
Dogdriver2.jpg
今日の僕は、こんな顔して仕事してます。

僕がよく打合せに行くA社は、渋谷にあるのですが、渋谷と言ってもセルリアンタワーの裏の方にあって、渋谷に着いてからも、地下鉄駅〜階段&エスカレーターup〜地上〜歩道橋up〜歩道橋down〜地上up〜up〜upとなっていて、歩道橋の手前までは平気でも、歩道橋と最後の坂道で確実に汗だくになってしまいます。これはちょっとした「登山」な訳です。地下鉄のホームから換算すると、確実に50メーター近く上っていると思われます。

なので、その会社の受付にたどり着いた頃には、常に汗を拭き吹き、、、
きっと受付嬢に「今日も、ハンカチおやじが来たわ」なんて思われてるに違いありません。

でも、昨日今日辺りだと、家で座っているだけで汗だくです。
冷房があまり好きではない僕は、昨年、この状態を我慢していたら、右腕の肘の内っかわに、アセモが出来ました。何年ぶりでしょうか?

こんな環境下で、例のアロハ検定絡みの企画書を作ったり、いろいろと問題をいじくったり、、、いつになったらハワイに行けるんでしょうか?
こんな湿気の多い時ほど(後は、真冬ね)ハワイが恋しくなります。
bigbeach01.jpg
暑いなら、暑いで良いのですが、せめて近所にジャブン!と飛び込める海があればいいのになと思います。
あぁ、あの谷越えの涼しいトレード・ウィンドが吹き込む部屋で仕事がしたいなぁ〜
posted by ma2ra3 at 18:09| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月25日

1955年という年

今日、また一つ年を取った、、、昨日までは来日中のビリー隊長と同い年だったのに、今日からはいっこ上だ。IKKO上ではない。

で、ちょっと気になって自分の生まれた年をWikiってみた。(以下、濃い青字は、勝手に引用)

ラジオ東京テレビ(現・TBSテレビ)開局
広辞苑の初版が岩波書店から発行。
アメリカ、アナハイムにディズニーランドが開園。
自由民主党が誕生する(保守合同)、自由民主党と日本社会党の二大政党制(55年体制)がはじまる。(1993年崩壊)

ディズニーランドも、広辞苑も自民党もTBSも同い年だったのね!?

芸術・文化・ファッション

* 1955年の映画
o ゴジラの逆襲
* 1955年のスポーツ
o プロ野球
+ セ・リーグ優勝 読売ジャイアンツ
+ パ・リーグ優勝 南海ホークス
+ 日本シリーズ優勝 読売ジャイアンツ

* 1955年の文学
o 芥川賞
+ 第33回(1955年上半期) - 遠藤周作『白い人』
+ 第34回(1955年下半期) - 石原慎太郎 『太陽の季節』

都知事は作家として頂点を迎えていた訳だ、、、

で、同い年の有名人はというと、、、、(知らない人は削除済みです。)
1月

* 1月5日 - 渡辺えり子、女優
* 1月13日 - いがらしみきお、漫画家
* 1月13日 - 伊藤蘭、女優
* 1月18日 - ケビン・コスナー、俳優
* 1月20日 - 太田裕美、歌手
* 1月22日 - 高橋惠子、女優
* 1月26日 - 所ジョージ、タレント
* 1月28日 - ニコラ・サルコジ、フランス大統領

2月
* 2月12日 - 伊丹幸雄、歌手・俳優
* 2月13日 - 矢野顕子、ポップ・ジャズミュージシャン
* 2月17日 - 吉澤一彦、アナウンサー
* 2月24日 - スティーブ・ジョブズ、企業家
* 2月24日 - アラン・プロスト、元F1ドライバー

3月

* 3月2日 - 麻原彰晃、オウム真理教教祖
* 3月3日 - ケント・デリカット、タレント
* 3月4日 - 佐野史郎、俳優
* 3月6日 - 春風亭小朝、落語家
* 3月7日 - 佐藤準、作曲家・アレンジャー
* 3月19日 - ブルース・ウィリス、俳優
* 3月21日 - フィリップ・トルシエ、サッカー監督
* 3月31日 - アンガス・ヤング、ミュージシャン(1959年の説もあり)

ここまでは、学年で言うといっこ上な訳ですね、、、(もう、この年では関係ないけど)麻原と同いじゃなくてよかった、、、

で、ここから「同級生」な訳だ。
4月

* 4月5日 - 鳥山明、漫画家
* 4月13日 - 上沼恵美子、女性タレント
* 4月13日 - 西城秀樹、歌手
* 4月21日 - トニーニョ・セレーゾ、元サッカー選手
5月

* 5月9日 - 掛布雅之、元プロ野球選手
* 5月25日 - 江川卓、元プロ野球選手
* 5月25日 - 桂小枝、落語家・タレント
* 5月28日 - 村上ショージ、タレント
* 5月31日 - トミー・エマニュエル、ギタリスト

6月

* 6月1日 - 千代の富士貢、第58代横綱
* 6月21日 - ミシェル・プラティニ、サッカー選手
* 6月26日 - 具志堅用高、ボクサー
* 6月29日 - 森マリア、元歌手、元女優

7月

* 7月1日 - 明石家さんま、お笑いタレント
* 7月13日 - 達川光男、元プロ野球選手
* 7月19日 - 黒沢清、映画監督
8月

* 8月20日 - アグネス・チャン、歌手・教育学者
* 8月25日 - 松澤一之、俳優

10月

* 10月7日 - ヨーヨー・マ、チェリスト
* 10月11日 - 麻丘めぐみ、女優・歌手
* 10月18日 - 郷ひろみ、歌手、俳優
* 10月19日 - ラサール石井、タレント
* 10月28日 - ビル・ゲイツ、マイクロソフト社の創立者

11月

* 11月5日 - ブラザー・コーン、歌手・タレント
* 11月24日 - 湯浅卓、国際弁護士

12月

* 12月3日 - 麻生よう子、歌手
* 12月14日 - 世良公則、ミュージシャン
* 12月16日 - 松山千春、フォーク歌手
* 12月20日 - 野田秀樹、劇作家・演出家・俳優
* 12月21日 - 関口和之、ミュージシャン
* 12月24日 - 福島瑞穂、政治家

気の性か、お笑いや、ちょっと変わった人が多い気がするぞ。

大体は納得がいくのだけれど、具志堅用高と福島瑞穂は違和感がある。
そして最も違和感があるのは、松山千春だ、、、どうしたらあんなに偉そうに育てるんだろう?
posted by ma2ra3 at 18:14| 東京 🌁| Comment(6) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月23日

タワーで感激

結局、Na Hokuのストリーミングは見られずじまいで、翌日のStar Bulletinをチェック。

あれだけ前評判の高かった、と言うか、さもAmy HanaialiiとNa Palapalaiの真っ向勝負の様相が伝えられていたにもかかわらず、蓋を開けてみたらAmyのひとり勝ち!!ようやく彼女にも時代が巡ってきたという事か、、、?実際、8部門ノミネートされて4部門獲得はたいしたものです。っていうか、Na Palapalaiはあんだけノミネートされていながら一部門も無しなのね・・・?
amy.jpg
で、来月のOahu Radioでは、今回のNa Hokuの受賞者特集をやるので、手元になかったCDを調達しに渋谷のタワーに出かけてきました。

目指すは5階のハワイもの売り場。
真ん中の通路を通って、ハワイものの「島」に辿り着いたら通路に面した試聴機の所に、ドドンと例の2枚のCDがディスプレイされていて、「おぉ!!」と感動。まぁ、こんだけ長い事この業界にいると自分がマネージメントしたアーティストのCDだの、番組絡みでタイアップしたCDを店頭で見かける事は、さほど珍しい事でもなかったりするのですが、なんか今回の2枚は個人として企画当初からずっとかかわったものなので、ちょっぴり思い入れが違っていたりするのかもしれません。

(敢えてどっちとは書きませんが)片方は3ブロックも確保されていて、その減り具合もなかなか良い感じです。店員さんの手書きPOPもなかなか良い所を突いていて、フムフムと満足。さりげに、記念写真でも撮ろうかと、携帯を出していると店員さんに目で制せられました。へたれな僕はあえなく断念、、、

そんなこんなで、無事目的のCDも購入して、レジへと向かおうとしたらIZの新譜を発見。これって彼の命日の26日にリリースのはずだったんぢゃぁ?等と思いつつも、あるものは仕方がありません。このアルバムは、生前のトラックに後から生オーケストラをかぶせたリメイク盤です。没後10年を記念してのリリースと思われますが、僕としては正直、あんまり好きではありませんでした。(まだ、サラッとしか聞いてないけど、、、)なんか洗練されすぎているというか、、、大げさになりすぎたと言うか、、、
IZ_WW.jpg
ナナクリ辺りのビーチで、海に向かってウクレレ弾きながら歌ってる感じが好きな僕には上品すぎる作品でした。

あ、Na Hokuの詳細は7月1日アップのOahu Radioに色々書きますので、そっちの方も見て下さいね。
posted by ma2ra3 at 11:49| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月21日

Na Hokuが始まるよん!

まもなく、今年のNa Hoku Hanohano Awardsが始まりますよ。

今年は30周年記念だからかなんなのか、通常よりも1ヶ月遅れの今日だし(ハワイ時間では6月20日だけど)、場所もワイキキではなく、コンベンションセンターです。

Nahoku07.jpg

こちらのサイトで、ライブ・ストリーミングされます。日本時間で5時頃までにこの記事を見た人はチェケラです。今年はAmyの一人勝ちか!?はたまた、Na Palapalaiが食い下がるか!!??

結末や如何に!?

追記:なんかサイトがトラブっているようで全然ダメジャン・・・ブツブツ・・・
Windows Userは見れているのでしょうか?画像見られたとしても音声ダメっぽいし、、、
ハワイなんでしょうがないか、、、って事で明日のAdvertiserの記事を楽しみにしておきます。
posted by ma2ra3 at 14:31| 東京 ☀| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月20日

アロハ検定、、、色々でたよ!

梅雨入りだなんて言っていたら、今週はずっと夏っぽい日が続いていて、すっかり気分はアロハです。在宅勤務の僕は、ここ数日、ほぼ短パン一丁で仕事する日々。ハワイ在住時代となんにも変わりませんな・・・
alohakentei_banner.jpg
そんな気分はハワイ〜な今週。続々アロハ検定関係が世に出て行っています。
まずは、18日の月曜日、遂にアロハ検定携帯サイトがベールを脱ぎました。
詳細は、こちらを参照して頂くとして、、、オススメは会員登録しなくとも、まずは自分の「アロハ度」を計れる、「アロハ検定4級」です。
これをやってみると、自ずと自分の知識の目安が分かります。これに合格できないようでは、ひとまず前途多難です。4級は、まずは小手調べ的な、「ハワイに行った事あります」な人向けなので、マニアには当然物足りなすぎると思いますが、3級、2級、1級と偉い事になっていきます。
無料なので、何度か挑戦してみてはいかがですか?合格すると、この画像がもらえます。今現在、僕の携帯の壁紙はこれです。
a-guide-img.jpg
現段階で、4級合格できない人でも大丈夫!来月には公式テキストブックが発売になります。これさえきちんと読めば、ハワイの基礎知識から、ちょっとマニアックなロコライフまで、ぐいぐい身に付きます。ちょっとディープすぎるネタもあったりしますので、ご安心を!!

そしてそして、今日はいよいよ僕が手伝わせて貰ったCD君達2枚の発売日です。
まずはこちら。アロハストリーでも紹介してくれています。

ジャケ写がないのが、何とも寂しいですが、、、詳しくはこちらを参照して下さい。

そして、もう一枚も、、、


早速、予約注文してくれた方がいて、昨日手元に届いたと連絡を貰いました。
気に入って頂いたようで、何よりです。是非、お酒のお供にご愛用下さいませ。>ねこさん
このCDの詳細は、この辺りからどうぞ。

調子に乗ってこんなページも作ってみたりして、、、

こうやって、自分が関わったものが世に続々と出て行くのは嬉しいモンです。

でも、単純に喜んでばかりもいられず、次に控えるテキストブックとイベントに向けて、今日も裸で頑張るのでした。
posted by ma2ra3 at 17:20| 東京 ☀| Comment(1) | TrackBack(0) | お仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月12日

宅配便でぇ〜す!

昨日の夕方から、なんだかいっぱい色んなものが到着する。

まずは、Let It Be Hawaiian Styleの本チャンサンプル盤詰め合わせ。
hawaiian style_small.jpg

次に、iPod 30GB Black
iPod.jpg

これはちょっと早い自分への誕生日プレゼント。
ひょんな事から2台のiMacを所有するハメになっていたので、本当は古い方を売り払おうとしていたのだけれど、ちょっと調べた所新しいのだと15万円弱で買い取ってくれるっていう情報があって、新しいMac買うなら発表されたばかりのLeopard搭載のヤツがでるまで待とうと決断。データが満載の古い方をもう半年ほど使い続ける事にした。でも、Macの買い取り価格を更に10%増しにする為にはApple Storeで一万円以上購入という条件があった為、この30GBの安い方のiPod購入を決意。

今まで第1世代のiPodと、まったくビジュアル表示のないこれまた初代iPod Shuffleを持っていた僕には、これ1台でジャケットは表示されるは、ダウンロードしたテレビは見られるは、写真はスライドショーになるは、、、今更ながらと思われるでしょうが、軽いカルチャーショックを覚えている状態です。

そして、3つ目に届いたのがずっしり重いアロハ検定公式テキストブックの初稿。
textbook.jpg
勿論、初稿なので↑の様な装幀にはなっていず、単なるコピー用紙の束な訳ですが、こうしてまとまってみると感慨がありますな、、、でも、そんな事を言う暇もなく、一通り全編読んで誤植や表現の気になる所をチェックしなければなりません。

そんなこんなで、どんどん気温の上がる中、何かと忙しい今日なのでした。
posted by ma2ra3 at 14:39| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月07日

アロハ検定まわりのこぼれ話 〜アロハ・ストリート編〜

昨日、オープンしたアロハ検定のサイト。まだまだ「準備中」な感じのページも多く、「取り急ぎ失礼します」的なサイトになっていますが、今後充実してきますのでご期待下さいませ。昨日の夕方あたりから、ちょこちょこ情報系のサイトでニュースとして扱ってくれているようですね。嬉しい事です。

antique2.jpg

このプロジェクトは、色んな方々の協力によって成り立っていて、そんな方々への、ひとまずのお礼の意味も込めてここまでの展開を差し障りのない程度に紹介していきたいと思っています。

まずは、なんと言ってもAloha Streetさん

この検定のアイデアを聞いた段階では、本当に漠然としたものしか無くて、何をどう広げるべきか?あまり広げすぎてもいけないのか?ちょっと考えあぐねたものの、やるからにはきちんとした枠組みをまず作らねば!と思い、ハワイ時代に色々とお世話になったAloha Streetさんを巻き添えにする(笑)事を思い立ちました。

彼らとのお付き合いは、僕がワーキング・ビザをゲットして最初にアロハストリート・ラジオという企画を何度かやらせて貰ったのを皮切りに、僕が関わったラジオの中継や、コンサートのプロモーションにと、何度と無く協力して貰った事があったのです。

彼らは着実にメディアとして進化してきているし、僕自身、こうしたお付き合いの中で非常にしっかりと仕事をするチームだなと感じていました。それに、何より地元情報を確実に発信できる事も魅力でした。

プロジェクトって、一回走り出すと途中でフレームワークを変えたりするのは結構パワーのいる話で、それだけにこの時点で自信を持ってアミューズの人間にパートナーの一員として紹介できるチームと言えばここしかなかったのです。

まぁ、そんな訳でコンタクトを取ろうと思っていたら、奇しくも世界旅行泊で編集長が来日中との話し。早速、コンタクトとってアミューズに引っ張っていきました。まずは、当時脹らませつつあった企画の概要を聞いて貰い、興味を持って貰えるかどうか?っていう打診から入りました。

細かい話はこれからという事にしつつも、編集長本人からは良い感触をもらい、ハワイに戻った後に社内で再確認するとの事。まずは、このプロジェクトの母体となるものが朧気ながら見えてきたのは、残暑の厳しい2006年秋の事でした。
posted by ma2ra3 at 17:14| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | お仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月06日

Kick Off!!

ついに本日、ハワイもの企画の全容がベールを脱ぎました!

その名は、アロハ検定

alohakentei.jpg
この画像をクリックするとサイトに飛びます。

この半年あまり、こつこつと準備をしてきたプロジェクトです。
経緯をかいつまむとここで軽くネタ振りをしてた訳だけど、、、

これとよく似た名前の検定がありますが、あっちは今のところフラに特化しているので、すこし方向性は違うと思います。どうやら企画の立ちあげは同時期だったらしいけど、フラ一本に絞ったのであっちの進行具合の方が早くなってしまいました。

こっちは、時間がかかっただけあって(?)、今後携帯サイトのスタートや、本の出版や、(あ、昨日書いたCDもこれの関連商品という括りです。)色んなものが続々登場予定ですのでお楽しみに!イメージで言うと、アロハ検定が太陽の様に中心にあって、まわりを衛星の様にいろんなコンテンツがあるって感じですかね?

色々と書きたい事は山ほどあるんだけど、その辺はおいおい。小出しにして引っ張りますよ〜!
posted by ma2ra3 at 17:36| 東京 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | お仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月05日

CD: HAPPY ISLAND with Aloha Street

ハワイものCDその1は、これでした。

happy_island_final.jpg * 商品番号: PBCM-61021←東芝から発売です。
* メディア: アルバムCD
* 組枚数: 1
* 発売日: 2007/06/20
* 価格: 2520円(税込)





これについての「能書き」はというと、、、こういう事です。
コレが本物ジャワイアン! = ハワイアン・ミュージック meets レゲエ♪ 本場(ロコ)から届いたこの夏いちばんハッピィでキモチいいリラックス・ミュージックの決定盤登場!! 地元レーベルのプロデューサーが楽曲の良さで選りすぐった最新ヒット中心のハイ・クオリティなジャワイアン。どの曲をとってもメロディーよし、グルーヴよし。出来は秀逸、心地よさ満点!!


収録曲は、以下の様になります。
1. アイム・ウェイティング/ カニ・マコウ
2. ノー・モア・ライズ/ カエナ
3. ザ・ウェイ・ザット・ユー・ドゥ/ ケアヒヴァイ
4. ラッキー・ユー・ゲット/ ラウンド・アンド・ラウンド
5. リプレゼント・ライト/ ジョン&ジャスティン
6. ハートエイク/ ワン・グルーヴ
7. ブーム・シェイク・アー/ ハイリスク・ファクター
8. トゥ・ブーム・チャイルド/ ソウルフリー
9. ワイマナロ・スタイル/ イムア
10. セイ・ホワット・ユー・ウォント/ マイラ・ギブソン
11. バウンス/ クレイジー・フィンガーズ
12. インサイド・アンド・アウト/ コリー・オリヴェロス
13. シャイン・ライク・ザ・サン/ ブライアン・ケスラー
14. レゲエ・パーティー/ ワン・ドロップ
15. ヘヴン・セント・ラヴ/ ビリーヴ
16. テイク・ディス・ラフト/ イノアオレ
17. ラヴ・オブ・ア・ライフタイム/ テン・フィート
18. ザ・ウェイ・イット・シュッド・ビー/ ジョン・ヤマサト



ちょっとお馴染みの名前の他に、あまり聞いた事のないアーティスト名が多いと感じる方もいるかもしれません。
みんな、若手のアーティスト達です。ここ数年現地のラジオとかで結構聞けた曲達です。タイトルとか知らなくても、実際聞いてみると知っているメロディーが多いと思います。(ハワイ・フリーク限定)僕が40曲ほどの大元になるリストを作成して、「ややこしい曲」や「面倒くさい曲」をカットし、現地プロデューサーのアドバイスを貰いながら、最終のラインナップを決めました。もう1枚に比べると、こっちの方が「若い」印象です。

記事掲載が遅かったのは、このアルバムのタイトルが、ネタばれになる可能性があったからです。

何故にAloha Street?
そう思われるハワイ通の方もいるかもしれません。このAloha Atreetは、そう!あのAloha Streetです。

ここ半年ほどやってきていたプロジェクトのキックオフ記念とでも言いましょうか、そう言う意味合いもあるアルバムの為、ちょっと発表を控えておりました。詳しくは、今日正式なプレスリリースが出るので、その後に説明したいと思います。明日のブログには、ある程度書けると思います。

この情報は、現地で6月1日から配布されているAloha- Street誌の夏号にも掲載されているので、もうご存じの方もいるかもしれませんけど、、、
posted by ma2ra3 at 11:13| 東京 ☀| Comment(1) | TrackBack(0) | お仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月01日

音楽とビジュアル

あ、別に「ビジュアル系」とか、そう言う話じゃなくて、、、

iTunesで、アルバムジャケットを取り込めるサービスがあったのは知っていたのだけれど、特にその必要性も感じず、iTune Storeで買ったものだけが表示されるという、ちょっとおマヌケな設定で使っていたのだけれど、先日、いくつかフリーのテレビ番組を取りに行ったついでに、出来心で「アルバムアートワークを入手」ってのをクリックしてみたら、一気に400枚分ぐらいのジャケットが舞い込んだ。

itunes.jpg

そしたら、それらの画像がかわいいやら、懐かしいやらで、結構気に入ってしまった。そう言えば、ここ5年以上新たに購入したもの以外、CDをその都度手にとってプレイヤーに入れるという様な行為をしなくなっている。それこそアナログ盤の時代には、ジャケットからレコード袋を出し、そうしてようやくレコードをターンテーブルに乗せるなんて言う行程があったのだから、そのビジュアルと音が知らず知らずのうちに頭の中でシンクしてた訳だ。紙ジャケCDが、オッサン、おばちゃんに愛好される訳もその辺にあるかもしれない。

そう思うと、やっぱりアートワークってすごく大事だなぁと改めて痛感させられた。そりゃ、たまにはジャケ買いさせられて、泣きを見た事もあったけど、あっちの作戦がちという事で、素直に負けを認めてしまおう。

遂に昨日からiTSでDRM無しの音源が発売されて、今後ますますダウロード系の音楽流通が加速され、もしウェブ上でだけの新譜発表なんて事になったとしても、何かの形でアートワークはきっちり存続させて頂きたいものだ等と思ってみたり、、、

そう言えば、昔は色々と凝ったアルバムデザインもあったなぁ〜と、遠い目、、、
ジャケットのジーンズに実際のファスナーが付いていたストーンズの"Sticky Fingers"とかは有名だけど、Santanaの16面(だっけ?)ジャケット by 横尾忠則とか、12インチのコインの形をしたGrand Funkのアルバムとか、、、でも、実際一番ビビッたのは、Alice Cooperの"School's Out"を買ってきて親の前で取り出したら、そのレコードがピンクの紙パンティーを履いてた時だったりする。
Alice Cooper School's Out.jpgiara1.jpg
ジャケットはこんな感じ。で、レコード袋を取り出すとこうなる・・・(それにしても、ウェブ上には色んな画像があるね!!)

iTSだからと言って、当然ながらすべての音源がある訳ではないので、歯抜けな所が気になりだした今日この頃。きっとこの週末には、せっせと色んなジャケットをググッちゃ貼り、ググッちゃ貼りするんだろうな、、、
posted by ma2ra3 at 18:03| 東京 ☁| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。